モスバーガー!菜食も行けるファストフード

      2016/02/19

さて、今日はベジタリアンの敵、ハンバーガーです。

嗚呼、学生の頃何度気まずい思いをしたことか。。
友達がうっかり私を誘って「あ、そっか」みたいな地雷踏んだような顔をする、
その反応を見て気まずい思いをする。

ハンバーガーといえば、当たり前ですが普通は肉。
肉じゃないパティなんて、10年前の日本では考えられませんでした。

それを日本のファストフードのお店モスバーガーがやってくれました!!

という話です。

更新が遅すぎて、もはや備忘録にすらなってない、napaです。
これからは短くてももうちょっと軽い気持ちで記事を書かないと。。。

 

モスバーガーに行ったらソイパティ!

 

 

去年の春に初めて試験的に大豆でできたパティ、ソイパティを導入したモスバーガーです。
ついに日本のハンバーガー屋さんで普通に食事ができると感動し、
モスバーガーへ期間限定じゃなくレギュラー入りしてほしいとメールを送りました。

春が終わり、希望叶って(違)ソイパティがなんとレギュラー入り!

しかもかなりいろいろメニュー選べる!!

久々に食べたのは、子どもの時に好きだった照り焼きバーガー。
幼少期の思い出が味とともに一気に押し寄せ、思わず涙が視界をぼやかしました。

ああモスバーガーありがとう。。。

 

しかしそこには意外な落とし穴も。

モスバーガーのアメとムチ

一人で買い物へ行った時に、再びモスバーガーを食べる機会がやってきました。

調子に乗った私が頼んだのはスパイシーモスバーガー

いただきますと口に入れると、広がるビーフの香り。

 

正直、ぶっ倒れそうでした。

 

店員さんに聞くと、

モスバーガーのオリジナルの、あの赤いソースには、
牛ひき肉が入っているとの事でした。

優しい店員さんが、オーロラソースのものに作り直してくれて、
私が食べ物を無駄にしたあげくに、作り直してもらったのに、
新しいハンバーガー代を請求しないどころか、差額を返金してくれました。
お断りしたけど、最終的には差額もらってしまった。
ご迷惑おかけしました。
そして本当にありがとう日暮里店のスタッフさん達。。。(私は繊維街へ買い物へ行ったのでした)

念のため注文前にメニューを見てからオーダーしたのですが、
後から見直しても、やっぱりひき肉が入っている事はメニューのどこにも書いてなかった。
そういう意見はお客さまサービスセンターへと思い、
モスバーガーへ電話を掛けました。

解答は

モス「あれはカロリーを気にするお客さまの為に作ってるのでベジタリアン向けではありません
私「でもこのタイミングで売り出したということは、外国人も視野に入れてベジタリアンを取り込む気持ちもあったのでしょう?
メニューのソイパティについて書いてあるところの下に小さくても良いから表記してはくれませんか?」
モス「外国人のお客様は、まず注文口で聞きますので。注文口でお聞き頂ければスタッフがお答えします。また、ホームページ上でもアレルギーの…略」

モスさん、日暮里店のスタッフの方があげた印象ダダ落ちです。
言ってる事が苦しいです。外国人は日本語話せないって誰が決めたんですか。
自分でメニュー読める外国人もいるし、ベジタリアンの日本人もいるんですよ。

ソイパティであれこれ食べられる様にするならメニューの下にモスソースのひき肉について
一言書いてほしいです。本当に。

電話口のスタッフの丁寧だが機械的な話し方と対応に、思わず泣き出してしまいました。
あの日の喜びの分、モスは理解者ではなかったと思って悲しくなってしまいました。

 

モスバーガーへ行くなら店員さんにメニューを聞け!

という一言だけですね。

オーロラソースなら100%食べられるようです。
私は照り焼きも食べました。
ハンバーガーとチーズバーガーも写真で見る限りは大丈夫そうですが、
ともかく、ベジタリアンにも食べられるメニューはあるので、聞いて下さい。

でも私はしばらくは行かなくて良いかな。

 - おそとベジ, ベジレス ,